静岡県中部の屋根・外壁塗装は『職人直営店』H2リフォームにお任せ下さい!

住宅塗装専門店にお任せ下さい。

エイチツーサンクス

0120-812-394
F A X054-269-5648
お見積り・ご相談は無料
エイチツーサンクス

0120-812-394

受付時間:9:00~18:00
(定休日:水曜日、第1・3・5日曜日)
  • 最新施工事例はこちら
  • お客様の声
  • 現場ブログ
  • 対応エリアはこちら
  • マイベストプロ静岡
  • Facebook
ブログ

外壁の上塗り(葵区S様邸)

2019.02.06

外壁の上塗り(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて外壁の上塗り作業を行いました。窯業系外壁 上塗り(上塗り2回目)作業中窯業系外壁 上塗り(上塗り2回目) 完了金属系 上塗り(上塗り2回目)作業中金属系 上塗り(上塗り2回目) 完了それぞれ上塗り完了後の写真です。どちらの外壁もキレイな艶の …続きを読む

外壁の中塗り(葵区S様邸)

2019.02.05

外壁の中塗り(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて外壁の中塗り(上塗り1回目)作業を行いました。窯業系 中塗り(上塗り1回目)作業中窯業系 中塗り(上塗り1回目) 完了金属系 中塗り(上塗り1回目)作業中金属系 中塗り(上塗り1回目) 完了いかがでしょうか。外壁の色は、お施主様の希望により …続きを読む

外壁の下塗り(焼津市U様邸)

2019.02.04

外壁の下塗り(焼津市U様邸)

焼津市U様邸にて外壁の下塗り作業を行いました。下塗り施工中1F外壁 下塗り完了2F外壁 下塗り完了下塗り完了後の写真です。U様邸の外壁は、1Fと2Fでパターンが異なりますが、同じ下塗り材を塗布しております。また、チョーキング(手に白い粉のようなものが付く事)や …続きを読む

軒天塗装・換気フード交換(焼津市U様邸)

2019.02.02

軒天塗装・換気フード交換(焼津市U様邸)

焼津市U様邸にて軒天の塗装作業と換気フードの交換を行いました。軒天 1回目軒天 2回目軒天 完了艶のあるキレイな仕上がりになりました。私達H2リフォームでは、軒天の塗装は"2回塗り"を標準にしております。1回塗りでもきれいな見た目になりますが、2回塗りと比べる …続きを読む

外壁の下塗り(葵区S様邸)

2019.02.01

外壁の下塗り(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて外壁の下塗り作業を行いました。窯業系外壁 下塗り施工中窯業系外壁 下塗り完了金属系外壁 下塗り施工中金属系外壁 下塗り完了こちらが下塗り完了後の写真です。S様邸の外壁は、窯業系(セメントと繊維質で形成)サイディングと金属系外壁の2種類が使わ …続きを読む

外壁の補修・軒天塗装(葵区S様邸)

2019.01.31

外壁の補修・軒天塗装(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて外壁の補修・軒天の塗装作業を行いました。外壁 下地補修前こちらの写真が高圧洗浄後の外壁写真です。サイディング下地の劣化が激しく、素地が完全に出てしまっている状態です。ここまで劣化が進行した場合、サイディング自体の張替えや板金の重ね張り(カバ …続きを読む

屋根の上塗り(葵区S様邸)

2019.01.30

屋根の上塗り(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて屋根の上塗り(上塗り2回目)作業を行いました。屋根 上塗り施工中屋根 上塗り完了こちらが上塗り完了後の写真です。色・艶共にキレイな仕上がりになりました。今回は、①屋根材が折板(金属系)屋根である②お施主様の色に対するご希望が強くなかった ③ …続きを読む

屋根の中塗り(葵区S様邸)

2019.01.29

屋根の中塗り(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて屋根の中塗り(上塗り1回目)作業を行いました。屋根 中塗り施工中こちらが施工中の写真です。今回使用している色は、薄いグレーです。屋根 中塗り完了こちらが中塗り完了後の写真です。下塗り後(詳細はこちら)と比べ、艶のあるキレイな仕上がりになりま …続きを読む

外壁のシーリング工事(焼津市U様邸)

2019.01.28

外壁のシーリング工事(焼津市U様邸)

焼津市U様邸のシーリング(コーキングは同意語)作業を行いました。既存のものを撤去・打替えする事を基本とし、サッシ廻りのみ"増し打ち(既存シーリングの上に新たなシーリングを追加)"にする事としました。施工前撤去プライマー充填ヘラ押え完了こちらが施工後の写真ですが …続きを読む

屋根の下塗り(葵区S様邸)

2019.01.26

屋根の下塗り(葵区S様邸)

静岡市葵区S様邸にて屋根の下塗り作業を行いました。屋根 施工前こちらが施工前の写真です。折半屋根は金属製ですので、一番の難敵はズバリ"錆"です。今回のお家に関しても、全体的に錆が多く発生しています。錆の進行が進むと、折半自体に穴が開いてしまったりして、塗装では …続きを読む
ページのTOPへ戻る